宅建って?

宅建について、合格するための心得!

実際に宅建の勉強をはじめる前に宅建とはどういった資格なのか解説していきます。
ご存知の方も多いと思いますが、おさらいのつもりで読んでください。

宅建とは、主に建物や土地の不動産売買や仲介を行う際に必要となる資格で、
正式名称を「宅地建物取引主任者」といいます。
その仕事内容は、不動産取引時の買主や借主への重要事項の説明や
契約書への記名・押印は、宅建有資格者に与えられた特権です。
他にも、宅地建物の取引を行う不動産業者は、各事務所に5人の1人の割合で
有資格者を配置しなければいけないルールもあります。
そうした背景があり、宅地建物を取り扱う会社では喉から手が出るほどほしい資格になります。

そのため数多くある資格の中でのTOPクラスの人気を誇り、バブルの不動産絶頂期では、
受験者が30万にも及びました。
現在では、20万前後まで減りましたが、それでも他の国家資格と比べても倍以上の
受験者数がいますので、その人気は不動のものになっています。

しかし、人気があると同時にそれだけ多くのライバルが存在し、
簡単に合格できる資格ではありません。
詳しくは別のページで説明いたしますが、
5人に1人も合格できない難易度の高い試験になっています。
その上、一昔前に比べ、試験問題のレベルも上がり、
よりいっそう合格するための試験対策が必要になりました。

ですから、これから勉強をはじめる皆さんが心得てほしいのが、勉強するということです。
当たり前の話ですが、勉強が出来ない、
もしくは勉強時間が足りないばかりに不合格になる人が多いのです。

私がこのサイトでどんなに良い勉強や教材をお伝えしても勉強しなくては合格できません。
魅力的な資格である一方、それだけ合格するのが厳しくなっているのです。

このサイトを読み勧めるにつれて様々なことがわかり、
あなたが合格するための情報を手に入れることができますが、
その情報を活用するためには勉強時間が大切だということを肝に銘じておいて下さい。