各科目の概要

宅建の各科目の概要!

ここからは、宅建の各科目で学ぶ概要を説明していきたいと思います。
細かな内容は、実際に勉強する際に覚えて行けばよいので、
まずはどういった勉強をするのか簡単なイメージを掴んでください。

 

宅建業法(20問)

関連法律
・宅地建物取引業法及び関係法令。

宅建業法とは、不動産取引に置いて、
消費者が不利な契約を結ばされないように保護を目的としています。
基本的な考え方は、不動産取引は、資格と知識がある人に認められている免許制度、
消費者が不利益にならないよう規則を守らなくてはならない業務上の規制、
規則に違反した場合は罰せられる罰則。

この3つの考え方をもとに学んでいきます。
不動産業者はこの法律に基づいて業務を行い、実際の現場でも良く用いられる法律です。

学習ポイント
暗記することが多いですが、その分点数の取りやすい科目で、時間をかければかけただけ
点数が取れるようになります。
問題は事例関係が多く、様々な問題に触れておくことが必要ですので、過去問演習をどれだけやれるかが勝負です。
ただし、1~2問ほど難易度が高い問題が出題されますので、気をつけて下さい。

 

権利関係(14問)

関連法律
・民法、借地借家法、不動産登記法、区分所有法

この科目で学習することは簡単に言えば、契約上の権利や義務についてです。
民法を中心にそのほかの関連する法律を学びます。
一例を上げれば、借地借家法では、建物と土地について定めた
特別な賃貸借契約を規定しています。
その目的は、大家さんと比べれば、借主の方が立場は弱く、
不利な契約してしまう可能性がありますが、
基本的に民法では当事者同士で解決することを前提にしているので、
民法では保護できない部分を補うための法律です。
このようなことを学んでいきます。

学習ポイント
この科目は、問題が難しく出題範囲も広いため、受験者を悩ませる科目です。
暗記はもちろんですが、条例を深く理解していなければ解けない問題が多数あります。
ですが、テキストだけで知識をカバーするのは困難になりますので、
できるだけ講義を聴きながら勉強していくことをお勧めします。
また、全範囲勉強していてはきりがありませんから、出題傾向を分析しながら
ピンポイントで勉強していって下さい。
10点くらい取れれば、上出来だと思います。

 

法令上の制限(8問)

関連法律
・都市計画法、建築基準法、国土利用計画法、農地法、
宅地造成等規制法、土地区画整理法、その他法令上の制限。

この科目は、土地を利用する際に守らなければいけないルールを指しています。
例えば、戸建ての民家ばかり並ぶ土地に高層ビルが建ってしまえば、
日当たりが悪くなりそこに住んでいる住民に不都合なことが起こります。
そうしたことのないように一定の制限を加えているのです。
「土地を購入すること」→「宅地を造成すること」→「建物を建築すること」といった
ことに関しての法律を学びます。

学習ポイント
はじめは戸惑うと思いますが、この科目は数字の暗記が多く、
正確に覚えることができればかなりの高い確率で点数を取ることができます。
また、出題傾向も決まっており、過去問演習をやればそのパターンがわかってきます。
注意点としては、数字の暗記になるので、覚え方を工夫して、
頭の中でごちゃごちゃにならないように気をつけて下さい。

 

その他の法令(8問)

関連法律
・ 所得税、印紙法、固定資産税、鑑定評価、住宅金融支援機構法、
景品表示法、統計、土地、建物。

この科目は、他の3つ以外で、実務に必要な法令をひとくくりにまとめて、
その他の法令といいます。
主に税金関係が中心です。

学習ポイント
この科目は、苦手としている人が多く、敬遠されがちですが、出題傾向が一定しており、
得点しやすい科目です。
ですが、きちんと説明しているテキストが少ないので、
たぶん苦手としている方が多いのでしょう!
ちなみに私は、通信講座を受講していて、そのテキストではきちんと説明されていたので
特に苦にならない科目でした。
要するにこの科目は、教材がすべてです。