通信講座と通学講座

通信講座と資格学校について!

短期間に合格したいのなら、通信講座や資格学校を利用するべきだとお話しました。
当たり前の話ではありますが、学校というのはそれぞれに独自のノウハウがあり、
今までの出題傾向や学習ポイントを抑えて指導してくれるので、
効率的に勉強して、合格することが出来ます。

ただし、間違わないでほしいのが、通信講座にせよ、資格学校にせよ、
受講しただけでは合格できないということです。
あくまでもそれらの教育機関は、
短期間で合格できるように時間をお金で買うというイメージです。
最終的には自分次第だということをくれぐれも忘れないようにして下さい。

では、ここで通信講座と資格学校のメリットとデメリットをまとめてみましたので、
参考にして、自分にあった方を選んでください。

通信講座

メリット
通信講座は、DVD・CD講義、出題範囲を絞ったテキストや問題集など、
ノウハウが詰まった教材を一式提供してくれ、自分の生活のリズムにあわせて勉強できます。
また、受講者をサポートする質問受付や添削サービスなどが付いて、精度の高い通信講座なら、インターネットで学習できるe-ランニングシステムも備えています。
その上受講料が安いので、社会人や主婦の方にお勧めです。
ちなみに私はフォーサイトという通信講座を受講しましたが、
そこはハイビジョン撮影したDVD講義、わかりやすいように図表化されたフルカラーのテキスト、e-ランニングなどありとあらゆる物を揃えていて、しかも低価格でした。

・デメリット
一番のデメリットは、学校選びです。
中には、DVD講義が付いていないところや、
受講者のサポートがなく、教材を送ればそれでお終いというところもあります。
良い学校にめぐり合えなければ、独学と変わりません。
また、自分の意思で勉強しなければいけないので、合格する気持ちが弱い人は向きません。

資格学校

・メリット
学校の場合、目の前に講師がいるので、迫力ある講義が聴け、
疑問があった場合でもその場で解決することができます。
また仲間ができるのでお互いに励ましあいながら勉強することも可能です。

・デメリット
まず、時間に縛られるということです。特に社会人は仕事終わりに通学することになり、
どんなに遅くても講義がはじまるのは、19時くらいです。
それまでに間に合うことが絶対条件になります。
また、実際に講師がいるかという問題もあります。このご時勢では中々生徒が集まらず、
講師を常駐させる余裕がないため、時間帯によっては、ビデオ講義の場合もあります。
それ以外にも学校は都心中心にしかなく、地方にはほとんどありませんし、
受講料も高額になります。