5年ごとに更新が必要? 

5年ごとに更新が必要? 

宅建に合格できたら、それからの人生は根本的に変化します。

宅建はありがたいことに、一生を通じて有効な資格です。たとえ宅建士として全然活動しない人生を歩くことになった場合でも、宅建士として名乗り続けることは可能なわけです(その後気が変わって、宅建らしい活動をしたくなった場合でも、試験を受け直さなくてよいという特典もあるわけですね)。

※何か間違いを犯して、登録を取り消されるような顛末になったときは例外です。それから、自分から登録抹消手続きをしたらもちろんその時点からは無効となりますが。

そんな生涯有効な宅建資格ですが、注意したい事項はあります。それは5年ごとに更新手続きを踏む必要があることです。この更新をしないでいると、さすがにその後は宅建士としての活動はいっさい禁じられてしまいます。

更新が必要な時期が近付くと、所管の宅建協会からその案内が送付されます。それにしたがえばよいのですが、法定講習を受けることになります
これはあくまでも講習のみで修了試験等はありませんし、1日だけの拘束で終わりますから、合格直後の実務講習あたりと比べるとだいぶコンパクトで助かります。

※なお、5年ごとの更新を受けにいかなかった場合、宅建士として活動していない場合は特に咎められることはありません。また、その後に宅建資格をもう一度活用したくなったときは、再度の交付申請を行うことになります(つまり、試験から受け直す必要はありません)。